水分代謝の低下により引き起こされるむくみのせいで、気がつけば足パンパンの状態になっていることも。
時には痛みも引き起こすむくみですが、あまりにもひどいと「病気?」と心配になりますよね。
そこでむくみによる足の痛みは病気なのか?解消法なども合わせてご紹介します!

病気なのか!?痛みの原因について

足がむくんでパンパンの状態になり、痛みまで伴うようになってくると足の疲労などでは済まされない場合があります。
足が痛くなるほどむくむということは状態もかなりひどい場合があり、病気の可能性も否定できません。
考えられる病気としては「下肢静脈瘤」や「腎臓・肝臓の疾患」などがあり、ひどい場合には「心不全」の可能性も出てきます。
足が痛むほどパンパンにむくんだときは、これらの病気の可能性も考慮してむくみを解消できるようにしましょう。

>>スラキュアの公式HPはこちら

解消法について

むくみでパンパンになった足を放っておくと、足に痛みが出てしまう場合があります。
ひどくならないようにむくみ解消法で足をスッキリさせましょう。
解消法には以下のような方法があります。
・リンパマッサージ
・エクササイズ
・ツボ押し
・入浴や保温
自宅でも簡単にできるので取り入れやすい方法ばかりですが、腎臓や肝臓の他心臓など病気の場合はこれらの方法では解消できないので、おかしいと感じたら病院へ行きましょう。

自分でもできる!むくみのセルフチェック

むくみは足が痛みだしてから気がつくという方も多いのではないでしょうか。
酷くなってしまう前に、自分でも常にセルフチェックをして解消できるようにしておきましょう。
チェックするのは以下になります。
・ふくらはぎが張っている
・靴下の跡がつく、靴がきつい
・スネを指で押すとへこんだまま戻らない
・足が冷たくなっている
以上のような状態が一つでもあれば、足がむくんでいる証拠となります。
できるだけこれらのチェックをお昼から夕方の間に行い、むくみが確認できたらマッサージなどで対処するようにしましょう。

まとめ

足がパンパンにむくんで痛みまで感じてしまうのは、状態としてはあまりよくありません。
単なるむくみではなく怖い病気が隠れている恐れもあるので、できるだけ注意しておくことも大切です。
解消法を試しても改善されることがなく、非道状態が続くのであれば、病院へ行くことも考えておいた方が良いですね。
むくみは健康のバロメーターにもなるので、日頃から気にかけておくようにしましょう。
また今ではサプリメントなどでもむくみを解消することができます。
解消法と併用すればさらに足もスッキリするので、本格的に改善したい方はサプリメントも取り入れて、足パンパンのむくみから解放されましょう。

>>スラキュアの公式HPはこちらn>