女性なら結婚して子供を望み、赤ちゃんがお腹の中に宿ればプレママと呼ばれる妊娠中のママになります。今までむくみが酷かった女性も、妊娠中にはさらに酷くなる傾向があります。むくみの原因と対策を覚えておけば、妊娠中に感じるむくみも少しは解消できるはずですね。今回は妊娠中のむくみについてご紹介します。


>>スラキュアの公式HPはこちら

むくみって何?

そもそもむくみとはいったいどのような症状を指すのでしょうか。むくみは浮腫とも呼ばれ、痛みは伴わないものの、血液中の水分が染み出し、皮膚の下に溜まってしまう状態です。むくみは妊娠中によく起こるとされていますが、臨月に多いといわれます。しかし女性ホルモンのバランスの乱れや血液量の変化によっては妊娠期間中誰もが起こりやすい症状です。

むくみの原因っていったい何?

ではむくみの原因とは何なのでしょうか。むくみの原因として最も考えられるのが、血液量が妊娠前よりもおよそ5割増加するということです。さらに拡大した子宮が骨盤を圧迫し、下半身のめぐりを悪くしているともいいます。

他にもむくみの原因はあるとされており、塩分を過剰摂取することや冷えによる血行不良によってもむくみは引き起こされます。臨月に入ればお腹が大きくなるので、衣類の締め付けによる圧迫や運動不足によりむくみが酷くなるケースが多々あります。

妊娠中のむくみ対策・解消法を教えて!

妊娠中や臨月に起こるむくみの解消法や対策はあるのでしょうか?臨月に起こるむくみは完全に解消することは厄介ですが、少しの心がけにより対策が可能です。臨月だけでなく、妊娠期間むくみに悩んでいるというプレママは実践してみましょう。

・マッサージをする

リンパのめぐりを良くし、体内の老廃物を除去するマッサージをほどこす方法があります。特に妊娠中は足がむくむという女性が多いですから、足のむくみ対策に効果的です。リンパマッサージはお風呂上りに行うとよく、自分の好みの精油などを使ってストレス解消やリラックスすることができますよ。ただしお腹の赤ちゃんに負担をかけないマッサージがベストです。妊婦専門のマッサージ店がありますから、プロに頼むのも1つの手段です。

・塩分摂取を控えよう!

人間は塩分を摂りすぎるとむくむといいます。なぜかといえば必要以上の塩分摂取は、塩分に含まれるナトリウム濃度を薄めようと、体が余分な水分をため込むからです。妊娠中は塩分控えめの食事を心がけるようにしましょう。

塩気が少ないと味気ないと思うかもしれませんが、出汁や酸味などで充分風味のある料理を作ることができます。また最近では減塩の醤油や味噌なども多く販売されていますから、そのような調味料を使って妊娠中は乗り切るようにしましょう。臨月に入ると徐々に食欲がわいてきますが、味が濃すぎるものは控えるようにしましょう。

・運動を適度に行うこと

酷いむくみの場合は安静にした方がよいのでは?と考えるプレママもいるかもしれませんが、運動不足によりめぐりが悪化しむくみがさらに酷くなります。軽いウォーキングなどで自分に無理のない範囲で運動をしましょう。体重の増加も落ち着きますし、体力もつきますから、出産に向けて対策もとれます。

むくみを解消するなら生活習慣を変えてみよう!

むくみは日頃からの生活習慣が原因であることが多いです。もちろん妊娠によって体の血液量が増加することも一因ではありますが、味の濃い食べ物を食べる、運動不足、冷えなどはセルフケアできることですよね。むくみ対策のためにはこれらを改善していく必要があります。妊娠期間ずっとむくみに悩まされて苦しいと感じているプレママも、臨月に入っていきなりむくみが酷くなって辛いと感じているプレママも、少しの工夫をしてむくみを解消しましょう。

ちなみに出産すれば体のむくみは徐々に取れていきますから安心しましょう。出産翌日にはむくみがなくなったというママもいれば、時間がかかったというママもいます。むくみの取れ方は個人差がありますが、出産すればむくみはとれますから、それまでのむくみ対策として上記のような方法でマタニティライフを乗り切りましょう。


>>スラキュアの公式HPはこちら